電話受付 平日8:00~19:00
043(293)6433
  1. ホーム
  2. 機械設置

製作加工

配管プレハブ加工

溶接接合の配管工事において、工場での一次プレハブ加工は必須であり、質の高い加工は現場敷設をよりスムーズにします。
SUPでは、現場を自社施工する場合は元より材料と加工のみのご依頼もお引き受けしており、数々のプレハブ加工を手掛けてきました。

常に厳しい競争にさらされている加工業界の現状を考えると、単に「高い品質」だけを追い求めていってもお客様の要望にはお応えできません。SUPでは、鋼管、ステンレス管、厚肉薄肉、バックシールの必要性など、用途に応じて日々溶接方法や加工方法を研究し、コストダウンと品質向上に努めてきました。

プレハブ加工品

プレハブ加工品

 

鋼製加工品

SUPでは、配管サポート、点検架台、各種機器のベース架台などの鋼製加工品の製作を承っております。これまで、CADを生かした図面分析やベテラン工の経験を生かし、組立方法、溶接方法、ひづみの低減を研究し続けてきました。また、塗装についても用途や形状に合わせてエアレスでの吹き付け塗装や刷毛塗り、ローラー塗りを使い分けており、塗装膜厚は膜厚管理表を用いて1層毎に徹底管理しています。

配管サポート

配管サポート

工場内観

 

製作加工においての特徴

SUPでは材料調達から工事写真撮影、塗装と膜厚管理、寸法自主検査とこれらに伴う書類作成まで責任を持ってお引き受けしています。
またご要望に応じて、工場での立合水圧試験などもお請けしております。

水圧試験状況

 

また、弊社で現場での配管敷設工事とプレハブ加工を一括してお請けする場合においては、配管とサポートの製作前に、熟練工が現場に出向き図面と敷設場所を徹底的にルートチェックします。
ここに時間を掛けることで追加工事を大幅に削減することができ、お客様に「安心」を提供しております。